うつの症状は専門の医師に相談をして克服|健康に繋がるメンタルケア

女の人

再発を防ぐ治療

看護師

なりやすい人の特徴

多くの人がうつ病の悩みを抱えていると言われています。うつ病は普段の何気ない日常生活にその原因が潜んでいるものです。うつ病になりやすい人には、優しい・真面目・人あたりが良いなどの共通点が見られる場合がほとんどです。自分自身の気持ちを閉じ込めてしまったり、人を思いやるがゆえに自分の気持ちを我慢してしまいやすいことが原因ではないかと考えられています。うつ病には、気持ちが塞ぎ込んでしまう症状以外に、うつ状態と躁の状態が繰り返される双極性障害があります。双極性障害はポジティブな精神状態とうつ状態が交互に存在することで、自分自身はもちろん周囲の人も症状に気がつきにくいことが特徴です。しかしこの状態は本人にとってとてもつらい状態と言えるでしょう。家族や友人の言動に普段と違う点がある場合は、話を聞いてあげるなどの対応が必要で、症状が重くならないためには話せる環境を作ることが大切です。自分一人で抱え込まずに家族や友人に頼ることも時には必要です。すでにうつ病を発症している場合は、周囲の協力も症状改善に大きな支えとなります。

病院の受診と治療

うつ病の症状に気がついたら、精神科や心療内科の受診が必要です。うつ病を自分自身で治そうと考える人もいますが、正しい治療やカウンセリングを受けながら向き合うことで再発を防ぐことができます。うつ病の原因にはさまざまあり発症の理由は人それぞれ異なります。多くの場合は、仕事や家事でのストレスや疲労が負担となっていることが多いとのデータがあります。また、ホルモンのバランスが崩れることで自律神経が乱れうつ状態が起こる場合もあります。精神科や心療内科では、うつ病と診断されると投薬やカウンセリングによって治療をおこなっていきます。症状があらわれている場合は、少しでも早く受診することで本人の負担は軽くなり改善するまでの期間も短く済みます。うつ病の改善に最も大切なのは十分な休息です。投薬で一時的に症状を改善しても、環境や体の調子が変わらなければ再発してしまう可能性があります。職場や家庭など環境に問題があればそれを改善することで、再発を防ぐことができるのです。